46_2.jpg 31_2.jpg img20190302151959567369.jpg

邪宗門
春のごちそう


素材のうまみを引き出すために…。
 
北大路魯山人が重要視した素材本来のうまみを引き出す「淡味」を追求しました。
お料理は季節替わりです。その日に一番おいしいと思う食材を使っていますので日替わりと言っていいかもしれません。
淡味 邪宗門では、それら天草の天然素材のうまみを引き出すよう、ひと手間かけたお料理をお出しいたしております。

素材のうまみを
引き出すために…。
 
北大路魯山人が重要視した素材本来の旨みを引き出す「淡味」を追求しました。 お料理は季節替りです。その日に一番おいしいと思う食材を使っていますので日替りと言っていいかもしれません。 淡味 邪宗門では、それら天草の天然素材の旨みを引き出すよう、ひと手間かけたお料理をお出しいたしております。

 

 

淡味 邪宗門 | 春の献立

 
アオサの香りは
豊穣の海、天草の香り

 
海鮮アオサ和え
海老 水イカ
春のキラキラの光を浴びて育つアオサは春が旬。
アオサの磯の香りと一緒に
天草の海の幸をお召上がりください。

 
アオサの香りは
豊穣の海、天草の香り

 
海鮮アオサ和え
海老 水イカ
春のキラキラの光を浴びて育つアオサは春が旬。アオサの磯の香りと一緒に天草の海の幸をお召上がりください。

 

 

 
五月の節句でも食す
春だけの鯛をにぎりで

 
小鯛にぎり寿司
春の魚、小鯛(レンコ鯛)は
大きくても20cmほどの小さな魚です。
ふわっとやわらかな小鯛をしめて、
おいしさを濃縮させました。

 

山菜の苦みと紫ウニの濃厚な旨み…
天草の春を感じてください!

 
春山菜の天ぷら
ふきのとう、タラの芽、こごみ、空豆・・・
春の山菜ならではの苦みが心地いい天ぷらは
天草の天然塩と贅沢に紫ウニと一緒にどうぞ。

 

 

 
江戸時代から続くおいしい盛合せ
「いも たこ なんきん」

 
タコ大仙煮
小芋 南瓜 大豆
天草のタコを大豆と一緒に炊いて
やわらかく仕上げました。
江戸時代からおいしい組合せと言われる
芋と南瓜も一緒に盛り付けました。

 
江戸時代から続くおいしい盛合せ
「いも たこ なんきん」

 
タコ大仙煮
小芋 南瓜 大豆
天草のタコを大豆と一緒に炊いてやわらかく仕上げました。江戸時代からおいしい組合せと言われる芋と南瓜も一緒に盛り付けました。

 

 

春のパフェは
いちごソースのフルーツパフェ

 

海からのミネラルたっぷりの潮風を浴びて育つ
天草のいちごは甘くておいしい!
春のパフェは、いちごソースがたっぷりかかった
いちごとフルーツのパフェ。
天草の天然塩アイスとの相性も抜群です!


いちごソースのフルーツパフェ/1人前1,500円 *ご宿泊の2日前までにご予約ください *ご予約は1人前から承ります

夕食 お品書き

 

食前酒

・梅酒

先付

・海鮮アオサ和え

 海老 水イカ

造里

・天草灘の地魚 あしらい

椀物

・蛤真薯 

タケノコ 木の芽

凌ぎ

・小鯛にぎり寿司

煮物

・たこ大仙煮

小芋 南瓜 大豆

揚物

・ふきのとう天ぷら

 ウニ 天然塩

鍋物

・鯛しゃぶしゃぶ

めかぶ 豆腐 崎津教会のクレソン

食事

・じゃこめし または 雑炊

 汁 香物

デザート

・いちごムース

朝食について

 

朝食はアジのみりん干し。天草らしい正統派朝ごはんを!

 

淡味・邪宗門の朝食は和食のみ。五足のくつの本館で下田温泉一の老舗旅館「伊賀屋」の先代の時から崎津の漁師のお母さんに特別に作ってもらっているアジのみりん干しがメインです。ごはんにかける自家製アオサあんもぜひ。アオサあんだけでお替りをなさるほどです。